新築一戸建て注文住宅の工務店選びにご注意!

こんにちは!

新築一戸建てを注文住宅で建築する場合、やっぱり自分たちの気に入った間取りとか内装、設備にできることが1番のメリットですよね!

私たちも注文住宅で新築を建てました。
でも大変でした・・・

今回は注文住宅をご検討中の方に参考になるように、または注文住宅で建てて大変な思い?をした方に共感してほしいという思いで記事を書いております。

それでは私の体験談と思ったことを書いていきますね!

建売住宅がメインの工務店には注意が必要

建売住宅というのは、工務店やハウスメーカーが先に新築住宅を建てて、販売している住宅です。
まだお客さんがついていなくて、工務店が土地を購入し、工務店の設計や仕様で新築を建てています。

建売住宅のイメージ

よく新聞などに「オープンハウス見学会」などの謳い文句でチラシが挟まっていたり、不動産情報誌に載っている新築情報がそれです。

これはこれで良いこともあり、注文住宅より安いことが多いと思います。※でも工務店の考え方によるので建売住宅のすべてが割安ということではありません!住宅業界は結構黒い印象。

モデルハウスでない限り、工務店の標準仕様(お風呂やキッチンなどの設備)で建てていたり、良く言えば無駄のない・悪く言えばありきたりな間取りや設備です。

その工務店の特徴が出ている、とも言えます。

建売住宅の良いところは

  • 注文住宅よりは金額が安いことが多い
  • 実際に住宅を見て購入することができる
  • すでに建っているので入居までの時間が早い

だと思います。

逆に建売住宅が良くないと思うところは

  • 自分たちの好みの間取りにできない(自分たちを家に合わせる)
  • 金額を抑えるためグレードが一般的(もしくは低い)設備になっている可能性あり
  • 自分が見た建売住宅は郊外にあることが多く立地が良くなかった

だと思います。

まず工務店やハウスメーカーをある程度絞っていくわけですが、とにかくモデルハウスや建売住宅を何度も見てみることが重要です。

工務店によって住宅のテイストが全く異なります。
これから一生住むであろう住宅を建てようとしています。どんどん見学に行ってください。

しっかり調べていくと、各工務店、

  • デザイン重視で性能は一般的
  • 性能重視でデザインはありきたり
  • 性能も良くデザインも好み

など特徴がわかってきます。

恐らくどの工務店も良いことを言ってきます(笑)
なのでいろんな工務店に話を聞いたり、他の工務店で聞いた話を質問したりしてほんとのところを見極めていきましょう。・・・と言うよりか、自分たちが優先していることと工務店が優先しているところが一致するかを見極めていく感じです。

工務店から情報収集する
工務店から情報収集する

建築業者選びで、私から言える最大のアドバイスは、

建売住宅がメインの工務店で注文住宅をすると後悔します(多分)
私はそうでした。

ここからは私のがっつり主観なので愚痴も含めて書いていきます。

私がお願いした工務店は建売住宅がメインでして、

  • 営業の人数が少ない(建てている棟数によりますが社長しかいない場合も)
  • デザインがありきたり
  • 打ち合わせが少ない(基本放置)
  • アドバイスが少ない
  • 住宅と顧客に対する思い入れが感じられない
  • 注文住宅は建売住宅より手間がかかるのでめんどくさがる

とまぁ酷い書き方をしましたが、これが正直な感想です。

もちろん商売でやっているのは分かりますが、どこかに人の一生に関わる住宅を建てている建築業社としての想いを感じたかったです。
利益も大事だと思いますが施主としては「この工務店で建ててよかった!」と心から思いたいものです。

どうしてそんな工務店で建てたの?と疑問があると思いますが、いわゆるしがらみです。
察してください^^;

私の設計ポリシー

私の場合は最初からそのような状態でしたから、細かいことを言ってもややこしくなるだけなのであまり作り込まずにシンプルにできるところはシンプルにを基本にしました。

もちろん専門家ではないので、特に間取りに関しては設計士さんに

  • 1階のLDKはできるだけ大きく取りたい
  • お風呂と洗面は2階にしたい
  • 部屋数は◯部屋ほしくてこれくらいのサイズのウォークインクローゼットがほしい

など、どの階に何が欲しいかを伝えてまずは案を出してもらって、それを元に「こうできますか?」という感じで進めていきました。

今考えてみると、家づくりのほとんどは間取りだったような気がします。
基本シンプルな住宅だからだったからかもですが。

あ、間取りを決めると同時くらいにですが、土地のどの位置に住宅を建てるかも決めていきます。
これもかなり重要です。駐車場や庭のサイズが決まってきますからね!

個人的にすごく大切なことは、隣接する住宅がどのように建っているか。
これをしっかり把握しておいた方がいいです。多くの場合は近くに住宅など建物が建っていると思います。

設計士さんと話をしているとどうしても図面上での話が多くなってしまいますので注意が必要です。
その図面に隣家が描かれていればよいですが、そんなことは少ないと思います。

自分は何度か現地へ行って、隣の建物がどこにあるのか、をしっかり測ってきました。
それを元に「この位置にこのサイズで新築を建てたい」という希望を設計士さんに伝えていました。

工務店によって大体坪単価というものが決まっていると思うので、自分たちの予算から「これくらいのサイズの家にしよう」ということも決まってきます。

木造住宅の限界

設計士さんと間取りの打ち合わせをしている時の話です。

建築中の写真

私たちはLDKをできるだけ広い空間にしたかったのですが、木造住宅ではなかなか難しかったです。

強度の関係で「この場所に柱が必要」「このサイズにするならここに筋交いが必要」など、制限が多かったです。
これは仕方のないことですね。鉄骨住宅なら広くできると思いますが、うちにそんな予算はありません。

というわけで設計士さんからもらった案を家に持って帰ってずーっと見ていたら「あれ?こういう法則なのかな?LDKをこの形にすれば意外とうまくいくかも」と思いついたことがあって、後日設計士さんに聞いてみると「その位置に筋交を入れるなら大丈夫」という答えをもらったのでそれで決定。

設計士さんから提案されたプランが自分たちのライフスタイルに完全にマッチしている!ということは少ないと思います。

先ほども書きましたが、この間取りを決めるところが注文住宅のメインになってくると思います。
もちろん、いつまでに決めないといけないという期限もあるとは思いますが、しっかり時間をかけて考えてみてください!

間取りは自由度が高いので時間がかかります。
でもその他の設備(キッチンやトイレなど)は取り付ける場所が決まっていて、後はどれを取り付けるかを決めていくので間取りほど時間はかからないと思います。・・・でも迷いますけどね(笑)

まとめ

今回は新築一戸建て注文住宅の工務店選びについて解説してきました。

単純に私の体験談になってしまっていますが、私と同じような経験はしないほうが良いと思いますのでこんな記事を書いてみました。あと、人に聞いてほしかった(読んでほしかった)という気持ちもあります(笑)

いろんな業者さんが協力して一つの住宅を建てていきます。
でもやっぱり頭を取るのは工務店です。

どうか皆様が良い工務店さんと出会えることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。